ユニコーンの名曲動画(PVもあり)を11個選んでみた。【永久保存版】

【永久保存版】伝説のバンド”ユニコーン”の名曲動画を11個選んでみた。~バンドブームは永久に不滅です~

【永久保存版】伝説のバンド”ユニコーン”の名曲動画を11個選んでみた。

1990年代の代表と言っても過言ではない伝説のバンド

ユニコーン

急にユニコーンを思い出したので主に個人観賞用として動画をまとめてみました。

一緒に懐かしがってくれる同世代の方いたら嬉しいです。

もしかしたら30代前半の方まではユニコーンを知らないかもですね?

 

ユニコーンとは?

UNICORN(ユニコーン)は、日本のロックバンド。1986年に広島県広島市にて結成し、1987年、アルバム『BOOM』でデビュー。1993年に解散。2009年に再結成し活動再開した。
バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している[1]。
1987年デビュー。所属事務所はCBSソニー・アーティスツ(現・ソニー・ミュージックアーティスツ)。契約レコード会社はCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)。初期の音楽プロデューサーは笹路正徳。「バンドブーム」の中心的グループ[2][3] でTHE BLUE HEARTS、JUN SKY WALKER(S)と共にバンド御三家とも呼ばれた。またルックスの良さからチェッカーズ、JUN SKY WALKER(S)と並んで、当時の音楽雑誌で最もグラビアページを組まれるバンドであった。特に”ロックバンドのアイドル化”を招いたと言われる『PATi PATi』では、チェッカーズの後、度々表紙や特集を組まれる同誌の看板スターとなった[4]。1993年9月に解散。解散後はソロや新たなバンドでの活動、他のミュージシャンのプロデュース等、各方面で活動していたが、2009年に再始動を発表。
デビュー当初は、ビートロックの一派とされていたが、アルバム『服部』以降は音楽性は何でもありになり、ライブにも独特の寸劇が組み込まれたりするなど、バンドブームの中でも独自の活動を行った。また、音楽性の違うメンバー全員が作詞と作曲とボーカルを担当できるバンドでもあり、解散直前には「EBI奥田阿部西川手島」名義で『UNICORN』というタイトルのミニアルバム(形態は8cmシングル)を発表している。
代表曲は『大迷惑』『スターな男』『働く男』『すばらしい日々』など。 Wikipediaより

 

ユニコーンは奥田民生が所属していたバンドです。

コチラ↓がみなさんがイメージする奥田民生さんですよね。

 

奥田民生 愛のために

しかしユニコーン時代の奥田民生さんは特徴的な髪型でかなり尖っていたイメージです。

ではユニコーン時代の尖っていた奥田民生さんも含めて御覧ください。

 

ユニコーン名曲PV 11選

大迷惑

JAPAN-infoの人
42秒の髪型!ハンパね~。

 

Maybe Blue

JAPAN-infoの人
イントロで背筋ぞ~んとします。カッコイイ!

 

ペケペケ

JAPAN-infoの人
時代を感じる赤いスーツ

 

おかしな二人

JAPAN-infoの人
おかしな二人は名曲中の名曲です。

 

服部

JAPAN-infoの人
ウィッグかな? ウィッグだね。

 

働く男

JAPAN-infoの人
大ヒット曲の働く男は時代を物語ってますね。

 

すばらしい日々

JAPAN-infoの人
現在の奥田民生さんテイストが徐々に入ってきています。

 

ヒゲとボイン

JAPAN-infoの人
このPVの世界観大好きです。

 

SUGAR BOY

JAPAN-infoの人
バンドブームって感じの曲ですね。ジーンズにロンT

 

自転車泥棒

JAPAN-infoの人
渡辺満里奈さんが途中参加していたような気がしますが気のせいかな?

 

命果てるまで

JAPAN-infoの人
ちょっとHな曲です。

 

いかがでしたか?

今回は、「【永久保存版】伝説のバンド”ユニコーン”の名曲動画を11個選んでみた。」についてご紹介しました。

ぜひ懐かしんでみてくださいね。