初切(しょっきり)のおもしろい動画集 あなたは日本の相撲の”しょっきり”を知っていますか?

相撲の【初切】しょっきり を知っていますか?

 

YouTubeを観ていたら【初切】が出てきました。

 

『懐かしい!』と思って思わず見入ってしまいました。

 

子供のときにTVで初めてみたときに、お腹を抱えて笑ったことを思い出しました。

 

ところで、初切って知ってますか?

 

すごく簡単に言うと…

 

お相撲さんのコント

 

これで合ってるよね?

 

自信ないのでちょっとウィキペディア先生に聞いてみましょう。

 

初切(しょっきり)とはなんですか? ウィキペディア先生教えてください。

初切(しょっきり)とは?

初切、初っ切り(しょきり、しょっきり)とは相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する見世物。相撲の取組の前に決まり手四十八手や禁じ手を紹介するために江戸時代から行われていたが、現在では大相撲の花相撲や巡業などで見ることができる。ウィキペディアより

 

初切(しょっきり)の解説

幕下以下の力士二人と行司が土俵にあがり、対戦形式で禁じ手を紹介する。例えば相手を蹴り倒したり、力水を吹き掛けたり、現代のものでは他の格闘技の技を見せたりもする。笑いを取るためにプロレスを真似て、ピンフォールの3カウントを行司が取ってしまったり、ドサクサに行司をノックアウトしてみたり、あるいはザ・ドリフターズのコントよろしく一斗缶などの小道具が出てくることもある(一斗缶の場合は一旦土俵下に飛び降りて取り、土俵に飛び戻ってこれで相手の頭を殴る)。

巡業という興行全体から見れば一種の余興であるが、演じる本人たちはかなり真剣に筋書きを練っており、力士・行司共に身体を張った芸を見せることが多い。元横綱審議委員会委員長の酒井忠正(元伯爵)が学習院時代の相撲大会で友人と初っ切りをやった際に、謹厳で知られた乃木希典学習院院長から終了後に呼び出されたのでおそるおそる出頭すると「あれはちょっとやそっとの稽古ではあるまい、よく頑張った」と褒められたという逸話を半藤一利が紹介している。

禁じ手を用いているが、初っ切りに限り反則負けはなく、勝負はなかなか付かない。これは、オチがつくまで行司が「本来なら反則負けのところを、格別の情けをもって」と宣言を繰り返し行い、取り直しにするためである。普段の取組では見られない滑稽さから人気が高く、これを見たさに早い時間から巡業先に足を運ぶ人もいるほどである。

蛇足ではあるが弓取式同様に、この初切を務めた力士は出世できないというジンクスが存在する(統計を取ったわけではなく、あくまで俗説)。ただし過去には栃錦清隆が横綱に、出羽錦忠雄が関脇に昇進しており、これで破られたと考える者がいる一方、現在でも相撲界のジンクスを語るときにはかなりの割合で出てくるものである。また、担当する行司は基本的に幕下格以下の行司が担当する為、昇進した場合は初切の役割は後輩の行司に譲ることになる。

幕下以下の力士でも初切では大銀杏を結うことが許されている(これは弓取りと同様)。

ウィキペディアより

 

実際に初切の動画を観てみましょう。

千原ジュニアも大絶賛!初っ切り!!(第37回日本大相撲トーナメント)

千原ジュニアも大絶賛!初っ切り!!(第37回日本大相撲トーナメント)

千原ジュニアも大絶賛!初っ切り!!(第37回日本大相撲トーナメント)

コミカルな間と息の合ったやり取りが絶妙ですよね。観客の笑顔が面白さを象徴しています。

2012年5月26日 琴宏梅&琴鳳コンビの初っ切りどっちがどっち!?双子力士の初っ切り!!(Shokkiri Twins)(2016年10月8日(土)第四回さいたま巡業)

どっちがどっち!?双子力士の初っ切り!!(Shokkiri Twins)(2016年10月8日(土)第四回さいたま巡業)

どっちがどっち!?双子力士の初っ切り!!(Shokkiri Twins)(2016年10月8日(土)第四回さいたま巡業)

古典的な笑いから繰り広げる初切は最高ですね。双子だから本当にどっちがどっちだかわかりません。

 

(笑)2016高三郷&勝武士による爆笑 初っ切り!!第49回NHK福祉大相撲!!’16.2.21

(笑)2016高三郷&勝武士による爆笑 初っ切り!!第49回NHK福祉大相撲!!'16.2.21

(笑)2016高三郷&勝武士による爆笑 初っ切り!!第49回NHK福祉大相撲!!'16.2.21

初切歴2年ですって初切歴という概念があるんですね。

 

2012年5月26日 琴宏梅&琴鳳コンビの初っ切り

 

2012年5月26日 琴宏梅&琴鳳コンビの初っ切り

2012年5月26日 琴宏梅&琴鳳コンビの初っ切り

なるほど… 初切とは型があるんですね。 落語みたいなもんなんでしょうね。

初切の動画紹介記事のまとめ

いかがでしたか?

日本の伝統芸能でもある初切について書いてみました。

この記事をキッカケに相撲のファンが1人でも増えることを願います。