リンスとコンディショナーとトリートメントの違いをどこよりもわかりやすく説明

リンスコンディショナートリートメントの違いについて、訪問理容師が超ウルトラスーパーマーベラス簡単に説明します。

リンス

手触りを良くするだけのもの

コンディショナー

リンスに保湿作用を加えたもの

トリートメント

髪のダメージを修復しようとするもの

 

 

 

 

まだピンと来ないですよね? もっと簡単に言いいます。

リンス

昔の人が使うもの

コンディショナー

髪の毛の絡み防止で使うもの

トリートメント

超いいもの

 

今現在、カラーやパーマがかかっている人

トリートメント

尚、トリートメントは髪の内部に浸透してダメージ部分を補修する効果が期待できるので、シャンプー後にトリートメントを付ける場合は5分程放置しましょう。そうすることによってより内部に浸透します。流す時は、100%流し切るイメージではなくて20%程残す感じで流しましょう。

なにもしていない髪の毛の人

シャンプーの後に絡み防止の意味だけでコンディショナーをつけましょう。髪の毛の手触りを良くする効果があるので絡み防止になります。カラー・パーマ毛ではないのですからダメージ補修の必要がありません。よってコンディショナーでOKです。

 

え? リンスは???

使う必要ありません。昭和の遺産です。理美容界ではほとんど絶滅しています。

 

コンディショナー・トリートメントの使用量の目安

コンディショナー・トリートメントの使用頻度

 

シャンプーごとに使用して大丈夫です。

 

コンディショナー・トリートメントの使用量

  • ショート(耳が出るくらいまでの長さ)…半プッシュ
  • ミディアム(耳が隠れるくらいから肩につくくらい)…1プッシュ
  • ロング(肩から肩甲骨あたり)…2プッシュ
  • 超ロング(肩甲骨以上)…2.5プッシュ

 

ものにもよりますが、サロン専売品であれば上記くらいで効果が見込めます。

市販の安いものでしたら上記の2倍は必要です。

 

量もあって美容師の間でも評判が良いトリートメントを2種類ご紹介します。

 

①美容室の商品の中で最強のコスパを誇ります。

【全商品100%保証付】ルベル ナチュラルヘアトリートメントウィズライスプロテイン RP1600ml (1.6L) 詰替

 

このシリーズのトリートメントは、美容師がお客さまの為に開発しています。

オーガニックシリーズのトリートメントは某有名高級トリートメントと遜色ないと評判です。

 

 

合わせてこちらの記事はいかがでしょうか?