ハゲ・薄毛になりたくないと思った時に読むたった6つの対処法

ハゲ・薄毛になりたくないと思った時に読むたった6つの対処法

 

いきなり結論

 

『ハゲの原因は遺伝です!』

 

『遺伝が原因なんです!』

 

『体質なんです!』

 

遺伝と言っても隔世遺伝・ダイレクト遺伝とありますが

どう出るかはわかりません。

いずれにしても家系的なもんです。

 

まず自分は両親のどっちに似てるのかを考えてみて下さい。

体質・毛質・毛量等を比べて下さい。

大事なのは毛質と毛量です。

そこをチェックしてみて下さい。

 

『なんとなく 父親かなぁ?』

『なんとなく 母親かな?』

 

念のために おじいちゃん・おばあちゃんも見てみて下さい(思い出して下さい)

そうすると自ずと答えが出てきます。

 

『おれは 父親系なんだ。』とか『母親系なんだ。』

 

その系統はハゲていますか?

白髪系ですか?

白髪系ならある程度セーフですね。

ハゲ系統なら

 

『アウト~!』ですね。

 

でも 遺伝が大きな原因ではありますがハゲの進行を遅くさせることは出来ます。

 

ではハゲなくしましょう!

例えば、父親がハゲているとします。

あなたが父親系の体質だとします。

その父親が30歳頃から薄くなりだして40歳では目も当てられないような状態になったとします。

残念ながら、あなたのハゲは確定しています。

 

でもここである努力をすればハゲなくすることが出来ます。

もしくはハゲのゴールを飛躍的に遅くすることが出来ます。

 

①タバコを辞める

まず、喫煙者の方はタバコをやめて下さい。

タバコは毛細血管を収縮させてしまうので血流が悪くなり髪の毛の先まで栄養を運べなくなってしまい発毛が滞ります。

②睡眠不足にならないようにする

髪は寝ている間に育ちます。要は寝てる間に伸びます。

その寝てる時間が短ければ短いほど髪の毛は成長しません。

もちろん全く成長しないわけではないのでうが成長は著しく遅くなります。

睡眠時間は髪の毛の成長に大きな影響を与えるのでよく寝ましょう。

特に夜10時から2時は髪の毛にとっても最も大事な時間ですのでその時間は寝ているように努力しましょう。

③ジャンクフード・コンビニ食をやめる

ジャンクフードやコンビニ食は脂質や添加物がふんだんに使われていることが多いので身体にも良くないのは周知の事実ですよね。

その脂質や添加物は老廃物となって体外に出ようとします。老廃物が毛穴に詰まると髪の毛の成長は邪魔されます。

なのでできるだけバランスの良い食生活を送りましょう!

④ストレスを抱えない

ストレスは万病の元です。

もちろん髪の毛にもよくありません。

ストレスは血行を悪くします。

先にも述べたとおり髪の毛にとって血行・血流はとても大事なものです。

ストレスを抱えないなんて現代社会にとっては難しい部分もありますが、できるだけリラックスした生活が送れるように努力しましょう!

⑤シャンプーの仕方

シャンプーの時の洗い方でもハゲは遅く出来ます。

頭皮を洗う時は指の腹で爪を立てないように洗います。

あまりゴシゴシと洗うよりも適度に力を入れて優しく洗います。

どちらかというと流し方のほうが大事で、シャンプーを流す際はよく地肌を流して下さい。

髪の表面ではなくて髪の隙間に指を入れて地肌にお湯が行き渡るようにシャワーを当てます。

シャンプーの残液が地肌に残ると毛穴に詰まって発毛・育毛につながらないので注意してください。 

ちなみにトリートメントはつけない方が良いと思います。

トリートメントの成分は主に油分です。

髪の表面につけられれば問題無いのですが地肌についてしまうと毛穴をつまらせることになります。

 

⑥育毛剤やスキャルプシャンプー

前途したことをある程度守ることでやっと育毛剤の効果が発揮されます。 

毛穴が詰まっている時に高級な育毛剤をふりかけても毛穴から内部にはほとんど浸透しません。

耕していない畑に肥料をまいてもあまり効果がないのと同じです。耕して中に浸透させることで植物は育ちます。 

なので毛穴を詰まらせないようにして肥料である育毛剤が浸透できる状態にしましょう。

浸透することで育毛・発毛に効果が出ます。

 

育毛剤は僕も使っていますよ。↓

恥ずかしいので小さく

 

 以上の件を守ることでハゲは遅らせるとが出来ます。 

 

ハゲ始めて何もしないと進むばかりです。

最終形までのカウントダウンを歩むだけです。

そのカウント0までの時間をどう稼ぐかしか方法はありません。

例えば、何もしなければ20年でハゲ切るとしたら

何かしら対処したら30年まで伸ばすことが可能ということです。※おおよそです。あくまでも例として

 

『あなたはこの10年の差をどう感じますか?』

 

気付いたときがSTARTです。

この↓アイテムを使って対処してみませんか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。