銭湯・温泉・公衆浴場の使い方・入り方を外国人観光客向けに書いてみた。

スーパー銭湯とは?温泉とは?

 

日本には”スーパー銭湯”という公衆浴場があります。

公衆浴場とは、だれでも利用できる入浴施設のことです。

外観 ※画像はさいたま清河寺温泉から引用 清河寺温泉のHPはココ

生きていれば子供から老人まで入れます。

ペットの入浴はできません。

※まれにペット専用公衆浴場もありますがこの記事では省略します。

 

まずは身体を洗おう。

 

ぜったいに守るマナーです。

 

先に身体を洗って下さいね。

 

身体を洗わないで入ろうとすると怖いおじちゃんが怒鳴ってきます。

 

大浴場で身体洗わないでいきなり入浴する奴を1週間数えてみた。マナー守らないやつは意外と年寄り~5秒ブログ~

 

このような場所で座ってシャワーを浴びます。

洗い場 ※画像は全国温泉巡り 千湯記のブログから引用

 

立って浴びるスペースもありますが基本的には座りシステムです。

隣の人に放水しないようにしましょう。

これはNGです↓

※画像は灘温泉から引用 

後ろの人にかけないでね。

【温泉が嫌いな理由3つ】スーパー銭湯やジムのお風呂等の大衆浴場も同じやで。

 

どんなお風呂があるの?

室内のメインのお風呂はこんな感じです。

近所からは見えないようになっている外で入るお風呂もあります。↓

露天風呂 ※画像はさいたま清河寺温泉から引用 清河寺温泉のHPはココ

 

サウナもあります。

日本ではサウナで自分より後から入ってきた人より早く出ると負け。

その人より遅く出ると勝ちというどうでもいい勝負があります。

心のなかで勝負しています。

ただ、身体を洗うために利用する意味よりもリラックスや気分転換を目的に入ることが多いです。

 

お風呂から上がったら最初にすること

脱衣所に必ず牛乳の自動販売機があります。あるはずです。

これで牛乳を買って下さい↓ だいたい100円~150円です。

※画像はPUSH-PULL様のブログより引用

 

※画像は八戸ど~楽銭湯ブログ様より引用

そしてこうやって牛乳を飲んで下さい。↑

日本の文化です。

思う存分体験して下さい。

 

休憩所について

お風呂に入ったあとに畳の部屋で脚を伸ばしたり

TVを見たり寝たりして身体を休める場所があります。

ジュースもあります。

レストランもあります。

日本風の大きなリビングがあるということです。

休憩所 ※画像はさいたま清河寺温泉から引用 清河寺温泉のHPはココ

 休憩したらもう一度お風呂にはいいてもいいし帰ってもいいです。

お好きにどうぞ。

大体の日本人はお風呂に1時間、休憩に1時間、合計2時間位滞在して帰ります。

では楽しんでくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。