Menu
Close 

      2017/07/23

フリッパーズ・ギターの『恋とマシンガン』が大好きすぎるから小沢健二(オザケン)の動画を紹介しまくる。

 

スポンサーリンク



どうも! 90年台のJ-POが大好きな干し田です。ツイッターフォローしてね。

こないだ、ラジオからフリッパーズ・ギターの『恋とマシンガン』が流れてきたので懐かしくなり、小沢健二と一緒にこの記事にしています。

フリッパーズギターとは?

原型は、小山田圭吾(当時は「圭悟」、ボーカル、ギター)と井上由紀子(本名「由起子」、キーボード)の二人で結成したバンド「Pee Wee 60’s」。この二人以外のメンバーが脱退したことを機に「ロリポップ・ソニック(Lollipop Sonic)」へ改名し引き続きライブハウスなどで活動。二人でのライブを数回、行なった後に吉田秀作(ベース)、荒川康伸(ドラムス)が加入。最後に小沢健二(ギター、サイドボーカル)が加わり、五人編成となる。当初はネオGSの枠で捉えられていた。メジャーデビューの際、「フリッパーズ・ギター」と改名した。
1989年、小沢が作詞を担当した全曲英詞の1stアルバム『three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった』でポリスターよりデビュー。その直後に小沢の求める音楽性の違いから荒川、井上、吉田が脱退し、小山田と小沢の2人編成となる。1990年、全曲日本語による2ndアルバム『CAMERA TALK』をリリース。
1991年、3rdアルバム『ヘッド博士の世界塔』をリリース後、程なくして突然の解散表明[1]。既にチケットの発売が開始されていたライブツアーの直前に解散したため、世間から少なからず批判を受けた[2]。その後、二人はそれぞれコーネリアス、小沢健二としてソロ活動を開始した。

ウィキペディアより

フリッパーズギターも小沢健二もAmazonプライムミュージックで聴く事ができますよ。

アマゾンプライムミュージックより画像引用

フリッパーズギターと小沢健二の動画を紹介します。

Flipper’s Guitar – 恋とマシンガン (Young, Alive, In love)

GOODBYE OUR PASTELS BADGE – さようならパステルズ・バッヂ -(M.V.) / FLIPPER’S GUITAR

小沢健二 ラブリー 今夜はブギーバック.flv

小沢健二 – 愛し愛されて生きるのさ

小沢健二 – ラブリー

小沢健二 – 痛快ウキウキ通り

小沢健二 – さよならなんて云えないよ

【小沢健二】笑っていいとも(1997年)

小沢健二も聴き放題ですよ。

いかがでしたでしょうか?

今回の記事が、なにかのお役に立つことができれば嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

JAPAN-infoは以下の5つのブログが集まったポータルブログサイトです。
 JAPAN-infoがご提供するサービス

 

 

Copyright© JAPAN-info , 2017 All Rights Reserved.