JAPAN-infoのPV・収益公開しています。
ハードオフで中古のペンタブを激安で買ったからフォトショップエレメンツでお絵描きしてみた。【超初心者PC教室】 | JAPAN-info

      2017/08/05

ハードオフで中古のペンタブを激安で買ったからフォトショップエレメンツでお絵描きしてみた。【超初心者PC教室】

 

広告


スポンサードリンク


princeton Mousepad Tablet(販売終了)

ぷら~っとハードオフでいろんなものを物色していたら、

ブログを書くようになってから『ほしいな~。』と思っていた

ペンタブレットが置いてありました。

その場で、スマホでこの商品の口コミなんかをチェックしてもそれほど悪くないし

価格もまぁ妥当かなって感じだったので購入しました。

そんなペンタブレット初心者フォトショップエレメンツを使って初めてお絵描きをする記事です。

ハードオフにありました。princeton Mousepad Tablet 税込み2700円

裏に色々書いてます。  よくわかりません。 まぁ 使えるでしょっ?て感じで買いました。

ここに専用のペンで書くらしい。

専用ペン

ペン先 1.5mmくらいですかね? 極細のサインペンくらいです。

インストール用DVDと比較的短いマイクロUSBコード入り

付属品全てです。

 

【商品情報】メーカーHPより引用

マウスパッドタブレットPTB-MT1シリーズ Mousepad Tablet

PTB-MT1シリーズ Mousepad Tablet

  • Windows
  • Mac
  • Windows 7対応
  • 筆圧機能1024レベル
  • USB2.0
型番 カラー 価格 備考
PTB-MT1WH ホワイト オープン 販売終了
PTB-MT1PK ピンク オープン 販売終了
PTB-MT1BU ブルー オープン 販売終了

製品情報

趣味にも仕事にも幅広く使えるグラフィックペンタブレット「PTB-MT1」

選べるカラー/バリエーションモデル

選べるカラー/バリエーション

「PTB-MT1」は、ホワイト、ブルー、ピンクの3色をご用意。好みに合わせてお選びいただけます。
また、イラスト投稿サイト最大手のpixivで開催いたしました「princeton×pixivプリタブコンテスト」入賞作品をプリント・商品化したpixivとのコラボレーションモデル「PTB-MTPVシリーズ」もございます。
pixiv公認モデル「PTB-MTPVシリーズ」はこちら

マウスパッドとしても使える柔軟性のある素材を使用

マウスパッドとしても使えます

本体に柔軟性のある素材を使用しています。タブレットとしてだけでなく、マウスパッドとしても利用可能です。※本体を折り曲げないでください。※金属製の机の上ではペンの反応が鈍くなる場合があります。※使用する際は本体を平らにしてご利用ください。

薄型・省スペース設計で机もすっきり

本体の重さはわずか80g。大きさは幅196mm×奥行190mm、厚さ7mmと超薄型の省スペース設計で机の上においても邪魔になりづらく、場所を取りません。持ち運びにも便利です。

筆圧レベル1024レベル

1024段階の筆圧機能により、髪の毛のような繊細な表現や肌色の濃淡までも思い通りに描画できます。
また、筆圧の強さは設定により0〜100%(1〜30)まで設定することができます。

Windows 7に対応

Windows 7対応

Windows 7に対応しています。もちろんWindows Vista、XPでもお使いいただけます。

各部名称

各部名称

製品仕様

型番 PTB-MT1WH
(ホワイト/販売終了)
PTB-MT1PK
(ピンク/販売終了)
PTB-MT1BU
(ブルー/販売終了)
読み取り範囲 6インチ×4.5インチ(152.4mm×114.3mm)
読み取り分解能 0.0124mm(2048lpi)
読み取り精度 0.25mm
読み取り速度 125rps
筆圧レベル 1024レベル
外形寸法(mm) (W)196×(D)190×(H)7
質量 約80g
対応機種 USBポート、CD-ROMドライブまたは、DVD-ROMドライブを標準搭載したWindowsパソコンまたはMacintosh※1
対応OS Windows 7/Vista/XP
Mac OS 10.4以降(すべて日本語版)
同梱品 タブレット本体×1、専用ペン×1※2、USBケーブル×1、Windows/Mac用ドライバCD-ROM×1、ユーザーズガイド×1
保証期間 1年間

メーカーHPより引用

PCに設定方法

付属DVDでドライバーをインストールしてマイクロUSBでタブレットを認識させればOK

 

 


スポンサードリンク


フォトショップエレメンツでお絵描きしてみる

フォトショオプエレメンツでの設定はこの2つのみ(初心者はね)

ここでペンを選びます

ここで色を選びます。

 

これだけやればとりあえず書く事ができます。

※この上の2つの画像の説明部分を書きたくてこのペンタブを買いました。

 

 

お絵描きスタート!

ペンタブを使った記念すべき1回目のお絵描き

 

 

続いて… 定番の… あいつをペンタブで描いてみる。

ペンタブ使用

 

今度はマウスで描いてみた。

マウス使用

 

こうやって比べてみると、絵心の問題は置いといたとしてもペンタブのほうが描きやすいし線が滑らかに感じます。

この機会にあなたもペンタブデビューしてみてはいかがでしょうか?

結構使いやすいもんですよ。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事が、なにかのお役に立つことができれば嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

~JAPAN-infoからのお知らせ~

超初心者向けPCサポート始めました。

専門用語を一切使わないサポートです。

  • パソコンを1からではなく0から始めたい。
  • わからないことがあるけどどう伝えたらいいかわからない。
  • あまりにも初歩的な事で恥ずかしい。

日常の『わからない…。』『こまった…。』『やってみたい!』のお手伝いをします。

 




Copyright© JAPAN-info , 2017 All Rights Reserved.