2017/07/24

ボディーサーフィンとは? 海水浴場で家族でできるハンドサーフィンを解説。【Bodysurfing】

 

新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

広告

 

JAPAN-info 記事本文はココから

この記事を書いている人 - WRITER -
この記事を読んでおもしろい!なんかいいかも!と思っても思わなくてもフォローやシェアしていただけると嬉しいです。

どうも! 元ロングボードサーファーかぶれの僕です。

ロングボードは板で顎を強打して意識飛んだのでやめたヘタレな奴です。

いきなりですが

ボディーサーフィン 聞いたことありますか?

子供から大人までそして体型も関係なく出来るサーフィンの一種です。

とにかく簡単に出来るマリンスポーツなのでこの機会にボディーサーフィンの事を知って頂ければ嬉しいです。

ボディーサーフィンとは?

Bodysurfingとは身体で波に乗るサーフィンの事です。

サーフィンのようにサーフボードは使いません。

基本的には身体一つで波を掴みます

 

ただ、よりアグレッシブによりエキサイトにボディーサーフィンを楽しむには、

ハンドボードとかハンドプレーンという手のひらサイズの板フィン(足ひれ)を使います。

ですのでハンドサーフィンと呼ばれたりもします。

 

数年前から日本でもチラホラやっている人を見ます。今後大注目の波乗りスポーツとなるでしょう。

まずはこれらの動画を見てもらったほうが視覚的に伝わると思いますのでどうぞ!

 

Slyde Grom Handboard: The most fun you’ll have this summer

こちらの動画↓のほうがイメージしやすいかもしれません。

The Slyde Handboard Life: Barrels Smiles & Wave Candy

こちらは↓50秒あたりから子供もボディーサーフィンやっています。

 

 

ボディーサーフィンの魅力

ビックリするほど超簡単

サーフィンは、サーフボードに立てるようになるまでで挫折してしまう人が多いですよね? このボディーサーフィンは、そもそも立つ必要がありません。海に浮かんで波が来たらバタ足をしてそのままスッと波に乗るだけです。海水浴の時や波が出るプールで一度はしたことありますよね? あのス~って身体を持って行くやつ。まさにそれです。いやそれのカッコイイやつです。

これのカッコイイバージョンですからね。


スポンサードリンク


海水浴場で出来る

そして僕がオススメする最大のポイントとも言える『海水浴場でも出来る!』です。基本的には、ビート板にフィン(足ひれ)だけなので海水浴場でもOKです。もちろん一部の海水浴場ではフィンが規制されるかもしれませんが、殆どの海水浴場でOKです。ということは… 次の章へGO

家族でできる

かんたん! 海水浴場でもOK! ということは…?  家族でできるんです! 大会とかに出るような上級者ならともかく初心者のうちは波打ち際ですることになるでしょう。 子供の目が届く所でお父さんもお母さんもお子さんも一緒にやることが出来るマリンスポーツなんです。 これってかなり大きなポイントだと思います。 今年の夏はボディーサーフィンデビューするのはいかがでしょうか?

年齢・性別・体型も関係ない

あくまでもイメージです。流石に赤ちゃんとかご老人はチョット… 

浮いて波に乗るだけですので年齢も性別も体型も関係ありません。 子供からご老人までできます。※あくまでも自己判断で。 もちろん性別も一切関係ありません。 そして体型も! おデブちゃんまでも出来るマリンスポーツです。

道具が安い

僕のハンドボードとフィンです。下の案内から買えます。

最後に大事なお金の話です。このボディーサーフィン本来は身体一つでやるサーフィンです。 しかし最近ではハンドボードやハンドプレーンと呼ぶ手につける板とフィンを使います。じゃあその価格が気になりますよね?

 

ハンドボード…ボディーサーフィン専用の物で4000円~

フィン…2000円くらい

 

なんと!専用の板を買ってもフィンと合わせて約6000円位から始められます。

ボディーサーフィンまとめ

  • ボディーサーフィンは簡単
  • 海水浴場で出来る
  • 家族でできる
  • 年齢・性別・体型問わず出来る
  • かかる費用が少ない

※画像はhttps://www.slydehandboards.com/よりキャプチャ

↑こちらは海外のサイトですが、ボディーサーフィンのハンドボードという商品を販売しています。話題のテクノロジーや商品を紹介している人気サイトのbouncyでも取り上げられています。

bouncyのフェイスブックページはこちら 画像はbouncyより引用

 

この記事を書いている人 - WRITER -
この記事を読んでおもしろい!なんかいいかも!と思っても思わなくてもフォローやシェアしていただけると嬉しいです。
 

Copyright© JAPAN-info , 2017 All Rights Reserved.