2017/08/14

松原潤一氏のBMS(ブログマーケティングスクール)に入ってよかった事② PVが上がった

 

新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

広告

 

JAPAN-info 記事本文はココから

この記事を書いている人 - WRITER -
この記事を読んでおもしろい!なんかいいかも!と思っても思わなくてもフォローやシェアしていただけると嬉しいです。

松原潤一氏のBMS(ブログマーケティングスクール)に入ってよかった事① ブロガー友だちが200人出来た。を読んでこのページに来てもらってありがとうございます!

では早速本題に入りますね。

 

BMSとは? (おさらい)

最初に、これから先BMSという言葉が多発しますので説明しときます。

BMSとは? ブログマーケティングスクールの略です。

主にフェイスブックやZOOMを使ったオンラインスクールです。

オンラインスクールの他にもオンラインサロンと呼んだりコミュニティと言ったりします。

ブログで収益化する事を目的とした松原潤一さんが運営するスクールです。

以下、BMSで統一して話を進めます。

 

BMSに入って良かったこと ②

PVが上がった!

前回の記事でブロガー友だちが200人以上できたことで自然にシェアされることを書きましたが、

正直、シェアはそんなに期待できません。

よっぽど良質で為になる記事とか、すごくおもしろい記事を書いた時は多少シェアされましたがそんなに想像するほどシェアされないのも現実です。

 

でもっ

 

BMSでは記事を書いたら投稿できる場所がフェイスブック上にあります。

そこに投稿すると、2017年8月13日現在430名のブロガーの目に触れる機会があります。

アナタがBMSに入っていなければこの430人の前に出すことも出来ませんよ。

もちろんアクティブに投稿を読んでいる人はその中の限られた人かもしれませんが

それでもたくさんの人の前にアナタの記事を公開することができます。

ブログを始めた当初のPVなんて最悪一桁とか多くても20PVとか30PVですよね?

でも、BMS内でメンバーの目にとまるような記事を投稿したらたくさんの人が見てくれますよ。

さすがに430人全員が見ることは無いと思いますけど…

 

BMSに入りたくなっちゃいましたか?

 

まだダメです。

 

最後まで読んで下さいね。

 

 

 

ここからは、僕がやっていることですが… 特別にお教えします。

僕の第一ペルソナはBMSメンバーです。

BMSメンバーを笑わせたりなにか影響をあたえるような記事やコメント周りや行動をしています。

そのような考え方や動きで多くのメンバーと仲良くなれて、記事もたくさん読んでもらえました。

投稿するとメンバーからコメントが付くのでそのコメントにも全力でインパクトのある返しをしました。

BMS内でファン(メンバーの方ファンとか言ってすみません。ここでは便宜上そう呼びます)を作ることでPVはグイーンと上がります。

特別なことなんて無いんです。

恥を捨てオープンになり人が喜んでくれることをやるだけです。

BMSにはせっかく400人以上のブロガーさんがいますからいい記事を書けばたくさんの人が読んでくれますよ。

以上のことをBMSに入ってよかった!②としました。

 

次は、松原潤一氏のBMS(ブログマーケティングスクール)に入ってよかった事③ 収益が出た!です。

 

入ってよかった事③を読まないでBMSに入ろう!と思ったアナタは最高の決断をしたようです。

ではコチラからどうぞ↓

この記事を書いている人 - WRITER -
この記事を読んでおもしろい!なんかいいかも!と思っても思わなくてもフォローやシェアしていただけると嬉しいです。
 

Copyright© JAPAN-info , 2017 All Rights Reserved.