松原潤一氏のBMS(ブログマーケティングスクール)に入ってよかった事④ 炎上した時に松原潤一さんが援護してくれた。

 

新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

広告

 

JAPAN-info 記事本文はココから

この記事を書いている人 - WRITER -
この記事を読んでおもしろい!なんかいいかも!と思っても思わなくてもフォローやシェアしていただけると嬉しいです。

松原潤一氏のBMS(ブログマーケティングスクール)に入ってよかった事③ 収益が出た!

を読んでくださりありがとうございました。

ここでは、ぼくが炎上した時に松原潤一さんが援護してくれた話を書きます。

 

BMSとは? (おさらい)

最初に、これから先BMSという言葉が多発しますので説明しときます。

BMSとは? ブログマーケティングスクールの略です。

主にフェイスブックやZOOMを使ったオンラインスクールです。

オンラインスクールの他にもオンラインサロンと呼んだりコミュニティと言ったりします。

ブログで収益化する事を目的とした松原潤一さんが運営するスクールです。

以下、BMSで統一して話を進めます。

 

BMSに入って良かったこと ④

炎上した時に松原潤一さんが援護してくれた。

 

実は、数か月前にこの記事がヒットしました。

この記事ではてブが200以上付きました。

ブログ開設2ヶ月目くらいだったのですがその日のPVは4000を超えていました。

すると、どっかのお兄ちゃんがやっかみか何か知りませんが

 

『BMSで相互シェアしている。』

 

『松原潤一はBMSの会員に相互シェアさせるように言っている。』

 

ようなことをネット上に書き込みました。

はい! 有りもしない事実です。

いつでも論破しますよ~と思ってはいても実際のところ、BMSの仲良しメンバーのURLが吊るされたりしました。

ここで僕が動くともっと他の人に迷惑がかかってしまうことと、初めての炎上でどうしていいかわからなかった時に…

 

教祖(MJ)が動きました。

怒りの反撃記事を投下したのです。

その記事はこれ↓ (行ったら戻ってくる事。約束ね。じゃ行ってらっしゃい。)

 

さすがにこの記事が出たときは胸がアツくなりました。

入会して2ヶ月の数百人のたった一人のためにですよ。

もちろん、BMSのこと・BMSのことメンバーのこと・何よりもご自身のことを言われたことに応戦したことだとは思います。

でも、少なからず僕への配慮もあったと思います。

 

実は僕もこの件で記事を書いていました。

この件は、潤一さんが記事を出したことで収束しましたが

 

潤一さんが反撃してくれた時は嬉しかったです。

 

BMSに入っているといろんなことが学べます。

 

僕は潤一さんから”心”を学ぶことが出来たことが一番の収穫だと思っています。

 

以上のことをBMSに入ってよかった!④としました。

 

次は、松原潤一氏のBMS(ブログマーケティングスクール)に入ってよかった事⑤ 実際に松原潤一さんと会えた です。

 

入ってよかった事⑤を読まないでBMSに入ろう!と思ったアナタは最高の決断をしたようです。

ではコチラからどうぞ↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
この記事を読んでおもしろい!なんかいいかも!と思っても思わなくてもフォローやシェアしていただけると嬉しいです。
 

Copyright© JAPAN-info , 2017 All Rights Reserved.