PR

相手が、どんなにおばちゃんでもさ。

 

酔ってスーパー銭湯行って、垢すり受けたらさ。

 

勃つってばさ。

 

本当に正直に言う。

 

絶対、勃つ。

 

ただ、絶対に勃たせては行けない戦いがそこにはある。

 

やつら(アカスリおばちゃん)は、手袋状になった金たわし的なものを装着している。

 

これで体を擦ることで垢が取れる仕組みだ。

 

コレばっかりは店によって異なるかもだけど、一般論として読んで欲しい。

 

その金たわしの手袋をつけたまま、際どいところまで責められるんだ。

 

油断すると、勃ってしまう。

 

これは本能だ。

 

無意識の中での本能だ。

 

僕は、本能に任せた。

 

すると愛嬌のある垢すりおばちゃんは僕のアソコを

 

『もう♡元気だね!』って弾いてきやがった。

 

忘れてはいけない。

 

金たわしの手袋を着けたままだ。

 

これで、弾くとどうなる?

 

容易に想像つくでしょ?

 

傷つくんです。

 

やわらか〜〜い あいつを硬い金手袋が擦るんです。

 

息子は怪我をしました。

 

このことを、垢すりBBAに言っても通じません。

 

基本、日本語が得意ではないようなので。

 

僕は、レジで責任者を呼んでもらいました。

 

責任者に事情を説明すると…。

 

お客さんは、アソコまで垢すりするように強要したんですか?

 

と、まさかの僕が犯罪者扱いのパターン!

 

いやいやそうではないよと伝えても伝わらない。

 

なぜなら?

 

責任者もまさかの韓国人。

 

そのまま、絆創膏をアソコに貼って帰ったという話でした。

 

垢すりでは勃たせるな。

 

コレだけは覚えといて欲しい。

 

大事だからもう一度言う。

 

勃たせるな。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう