【動画あり】育毛剤を効かせる最大限に効かせるシャンプーの仕方(方法)

【育毛剤を効かせるシャンプーの仕方】薄毛・AGA専用でわかりやすい飲み方・使い方

薄毛の方、AGA(男性型脱毛症)でお悩みの方へ、頭皮の健康を保つシャンプーの仕方元理美容師である私がお伝えしますね。

正直、シャンプーなんて適当にやってたので、すごく興味があります。

たかがシャンプーと舐めてはいけませんよ。シャンプーの仕方一つで育毛剤の効き方も左右されますので参考にしてみてくださいね。

なるほど!わかりました!この記事をブックマークして保存しときます😊

動画の方がいいなって方はこの動画を御覧ください↓

【AGA・薄毛で悩んでる人専用】育毛剤が効くシャンプーの仕方

薄毛・AGA治療に効くシャンプーの方法

①髪の毛は最初の流しで8割の汚れが取れるという事実

髪をシャワーで濡らしている男性

シャンプーをする時に絶対に必要なのが『最初の流し』です。

実はこの『流し』で1日の汚れの8割は落ちると言われています。※諸説あり

極端な話、この流しを丁寧にすればシャンプーなんて必要ないくらいのレベルです。

すべてのシャンプーでの技術で共通しますが、髪に意識をするのではなく地肌をこすることを意識します。

もちろん、この流しも同じで地肌へ指を通して爪を立てないように流しましょうね。

シャワーヘッドから出るお湯を直接地肌に当てるのもポイントです。

②シャンプーの量はMAX2プッシュでOK

髪を洗っている

シャンプーの量は、1プッシュ〜2プッシュで十分です。

  • 割と短め(3〜4センチ以下程度)なら1プッシュ
  • 普通の長さ以上(5センチ以上)なら2プッシュ
  • 坊主頭なら半プッシュ

AGAで悩む人に極端なロングヘアーは少ないとは思いますが、どんなに長くても2プッシュ以上は必要ありません。

シャンプーは多くつければつけるほど、流し残し等があった場合に汚れとして頭皮に残ります。

そのシャンプーが頭皮に残ると、毛穴が詰まってしまい新しい毛が生えてきずらい環境になり、薄毛や脱毛を進行させていしまいます。

シャンプーは適量、なんならもっと少なめでOKです。

③頭部を3つに分けるという考え方

シャンプー時のパーツ分け

シャンプーをする時に闇雲に洗っても洗い残しが出てしまいます。

頭部を3つのパーツに分けて洗い進めると洗い残しは減ります。

美容師のシャンプーも必ず、頭部を分けて洗っています。※この記事は元理美容師が書いています。

上記の画像のように、モヒカン部分(おでこから後頭部までのゾーン)とモヒカンの横のライン(モヒカンゾーンとサイドの間)とサイド(モヒカンの横のラインの下部分)に分けてましょう。

左右対称になりますので頭部の左側は左手で、右側は右手で洗います。※動画参照

④各パーツを丁寧に洗う

髪を洗っている

シャンプー時のパーツ分け

頭部をモヒカン部分→モヒカンの横のライン→サイドという流れで2週ほど頭皮を洗っていきます。

両手を前後に動かしながら、指の腹で爪を立てないように気をつけましょう。

パーツごとにしっかり丁寧に洗いましょう。

⑤シャンプー後の流しが一番重要

とにかく、このシャンプー後の流しが一番大事ですよ。

シャンプーが残ると汚れになりますからね。

シャンプーの泡を取り除いた状態

流しをする上でのポイントは、シャンプー後の泡をしかりとった後流すこと。

これをすると余計な泡が無いのでスムーズに流しをすることが出来ます。

 

シャンプーを洗い流している

シャンプーと同じで、各パーツごとにモヒカン部分→モヒカンの横のライン→サイドという流れで最低2周は流していきましょう。

シャンプーが絶対に残らないようにしましょうね。

⑥毛染めしているならトリートメント、していないなら必要なし

トリートメントを手に取っている

毛染め(カラーリング)をしている人は、トリートメントしときましょう。

トリートメントは、500円玉ほどの量を取って手に広げてから髪の毛だけにつけましょう。

間違ってもトリートメントを地肌・頭皮につけてはいけません。

ワックス等を髪の毛につけるイメージでOKです。

ちなみに、毛染めをしていないならトリートメントは不要です。

男性の髪の毛は基本的に短くて傷みが少ないと想定されますのでトリートメント(髪の毛を修復する作用)は不必要です。

髪の毛に傷みがある人やロン毛は自由につけてください。

トリートメントはサラッと流す程度でOK

トリートメントをした状態

トリートメントは地肌や頭皮につけることはないので流しはサラッとでOKです。

流し過ぎちゃうとせっかくのトリートメント成分が流れきってしまいます。

イメージとしては、ほんのりぬるっと感が残る程度。ほんのりですよほんのりね。

『シャンプーは何がいいの?』

シャンプー類がカゴに沢山入っている

某スカルプシャンプーが良いとか聞きますが、シャンプーは正直何でもOKです。

最初に、『シャンプー前の流しのところ』で説明しましたがお湯で流すだけで汚れの大部分は落ちます。

要は、シャンプーは流しで取り切れない時の補足程度の感覚で使います。

高価な育毛シャンプーなどを使うのも自由ですが、個人的にはシャンプーは何でも良いと考えています。

『シャンプーはいつするの?』

今でしょ!と言いたいところではありますが、夜の22時前迄がベストです。

22時から2時までは睡眠的にも美容的にもゴールデンタイムを言われています。

この時間に寝ていることで髪の毛も肌も成長します。

髪の毛は眠っている間に一番伸びるとも言われています。※諸説あり

ゴールデンタイムに頭皮の汚れが落ちていることが大事ですよ。

汚れが頭皮や毛穴に残ってると成長の妨げになってしまうことを忘れてはいけません。

『育毛剤はいつつけるの』

育毛剤を頭皮に塗布している

シャンプーの後に髪の毛を乾かしてからです。

髪の毛が濡れたままつけると育毛効果成分(ミノキシジル)が薄まってしまいます。

髪の毛を乾かしてから就寝前までにはつけておきましょうね。

育毛剤のつけかたは以下↓の記事で説明しています。

【動画あり】育毛剤のつけ方・使い方:リグロースラボ・フォリックス・リアップ共通
育毛剤のつけ方・塗布の方法について教えて下さい。 AGA先生 はい、育毛剤の付け方ですね。育毛剤は塗布の仕方次第で効果が変わるのでぜひ参考にしてくださいね。 そうなんですね。そんなに変わるんですね。 AGA先生 育毛剤は決して安いモノではないですからね。今回紹介する方法で節約しながらもより効果的なAGA治療を試してみてくださいね。 この記事では、AGA(男性型脱毛症)の治療では欠かせない『育毛剤のつけ方』についてレクチャーしますね。

【おさらい】ワンポイントアドバイス

シャンプーは夜22時までに済ませて育毛剤もつける
シャンプー前の流しは丁寧に
頭を3つのパーツに分けること
シャンプーは指の腹で洗う
シャンプー後の流しは超丁寧に
シャンプーは何でもOK

動画で復習しましょう。