Menu
Close 

      2017/07/19

カリスマ美容師と呼ばれている代表美容師をまとめてみました。野沢道生・川畑タケル等…

 

スポンサーリンク



『カリスマ美容師と呼ばれている代表美容師をまとめてみました。』
についてです。
まずカリスマ美容師ブームの火付け役とも言えるのはこの方でしょう。
【名前】野沢道生
【美容室名・ブランド】Aqua創始者・現Michio Nozawa HAIR SALON Ginza

画像引用元 https://www.wwdjapan.com/5814
【備考】独自の美容理論で、流行のヘアスタイル次々と生み出している、カリスマ美容師。一般人から芸能人・有名人まで高い支持を集めている。特に「似合わせの達人」として有名。フジテレビ「シザーズリーグ」をはじめ、数々のテレビ番組にも出演、カリスマ美容師ブームの火付け役と言われている。 2015年11月、銀座にヘアサロン「Michio Nozawa HAIR SALON Ginza」をオープン。エフェクトカット等様々な技術を美容界に広めた。
【名前】川畑タケル
【美容室名・ブランド】
【担当タレント(過去も含める)】木村拓哉

画像引用元 http://bngs.jp/interview/vol2/2
【備考】美容師とは思えないような風貌ですが実に繊細なカットをされます。スライドカットの生みの親とも言われ今でも業界を牽引しています。大ヒット美容師ドラマのビューティフルライフ(木村拓哉・常盤貴子)にも技術指導や監修されました。記憶が曖昧ですがドラマラブジェネレーション(木村拓哉・松たか子)の第一話で松たか子がキムタクの本物の髪の毛をバッサリ切るシーンも川畑氏の指導だったと思います。
【名前】川島 文夫
【美容室名・ブランド】PEEK-A-BOO

画像引用元 https://www.qjnavi.jp/special/worklife/custom_01_1/
【備考】1971年にロンドンのヴィダル・サスーンに参加し、アーティスティックディレクターとして各地でヘアショーに参加し日本にミニバサミでカットする技術を伝えた人の1人。1977年サスーンカットをベースPEEK-A-BOOを設立。現在スタッフ200名、東京原宿に6店舗、銀座に1店舗を構える業界のカリスマ的存在。PEEK-A-BOOの関連技術本やセミナーは全国的に大好評を得ている。美容師にも川島氏を師と仰ぐ熱狂的な信者(ファン)が多いことも有名。「ドリームなしくてクリエイトは不可能」という信念を持つ。
【名前】宮村 浩気
【美容室名・ブランド】AFLOAT
【担当タレント(過去も含む)】藤原紀香

画像引用元 http://www.rasysa.com/special/201503001/talk.html
【備考】2000年4月念願のサロンafloatを設立者。【女性を必ず綺麗にする】をモットーにしている。藤原紀香の担当ヘアスタイリストだったことはあまりにも有名。藤原紀香みたいにしたい女性たちが全国の美容室に訪れた。一般誌・CM・TV・ポスター・業界誌等、ヘアメイクでも活躍している。数多くのタレント・モデルからの信頼も厚く、業界誌、セミナー、ヘアーショー等幅広く活躍中。どこのセミナー会場でも満員御礼状態である。
【名前】三科光平
【美容室名・ブランド】OCEAN TOKYO

画像引用元 http://www.naigai-p.co.jp/chokichoki/king/mishina.php
【備考】今、日本で最もメンズからの知名度と指示が高く、カリスマ的な人気を誇っている。彼のルックスを見ればすぐにおわかりだろうが元々モデル出身であるため女性からの人気も兼ね備えている。YouTubeで自己スタイリングの動画を出していたりと時代に沿った美容師であることは間違いない。バブルマッシュというスタイルを世に出した。
【名前】松本拓馬
【美容室名・ブランド】AKROS

画像引用元 https://www.qjnavi.jp/special/trend/akros_matsumototakuma_10000/
【備考】メンズ客から圧倒的な支持を受け日本全国から彼を指名してお客様がやって来る。流行を追うだけでなく、個人の生えグセや髪質をふまえて再現性の高いヘアスタイルにしてくれると評判。ライジングカットという髪の毛を間引きながら弾くようにカットする技法で顧客を虜にする。年間指名数は9000人を超えるという。モデルやタレントさんにもファンの多い大人気カリスマ美容師。



記事は以上となります。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

よろしかったら下のボタンでシェアして頂ければ嬉しいです。

自動翻訳ではありますが英語や中国語やその他の言語でも

同時配信しておりますので各記事のサイドバーからご覧くださいませ。

※記事によっては多言語されていない場合もあります。

今後もできるだけリアルでおもしろくて有益な情報を配信していきたいと思っております。

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事が、なにかのお役に立つことができれば嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

JAPAN-infoは以下の5つのブログが集まったポータルブログサイトです。

 

Copyright© JAPAN-info , 2017 All Rights Reserved.