スポンサーリンク

メール・FACEBOOK・ツイッター・LINE@で更新情報を配信中。

The following two tabs change content below.

2017年末迄に1ヶ月1㌔減の目標を設定した2日目。

同時に断食3日目でもあります。

過去に14日の断食を2回経験したことがあります。

1回目は8㌔減

2回目は6㌔減でした。

もちろん一時的に落ちるだけなので必ず戻ってしまいます。

でもこの断食って一時的な減量よりも

その断食中に感じる

”食べ物に対するありがたさ。”

を痛感することで

断食後はよく噛んで感謝しながら食事することが出来ます。

なので暴飲暴食が自然となくなります。

 

今回は断食2日目(現在31時間目)

不思議とお腹は空いていません。

水分は獲ってますからね。

あと1日半くらい平気だと思っています。

この画像 今後ちょいちょい出てきますよ。

急なお誘い

だがしかし

お誘いが入ってしまいました。

とても大切にしている知人から

お食事(お酒)のお誘いが…。

しかも今夜。

そう断食中の今夜。

昨日書いたブログにもありますが

この断食が終わった後のルールに記載の通り

飲酒はイベント時はOKです。

でも今は断食中。

う~んどうしよう。←迷うな!

体重は昨日から約2㌔落ちています。

さっきの計量時は88㌔。

iPhone6Plus+ケースで+400g。 なので80.0キロ

さぁ どうする。

迷い中。

3時間経過

迷っていた頃から約3時間経ちました。

結果は?

その知人と会ってきました。

会って30秒で断食中の事を伝えました。

するとおもむろにiPadを出してきて

血糖値スパイクの説明をされました。

該当者1400万人以上?新たな脅威「血糖値スパイク」とは

該当者1400万人以上??新たな脅威「血糖値スパイク」とは

食事を食べたすぐ後の短時間にだけ、人知れず血糖値が急上昇し、やがてまた正常値に戻る。それが、「血糖値スパイク」。食後時間がたった状態で行われる通常の健康診断では、見つからないことも多い。ところが最新調査で、なんと1400万人以上の日本人に「血糖値スパイク」が生じている可能性が明らかになってきた!

突然死・がん・認知症・・・「血糖値スパイク」が招くリスク

突然死・がん・認知症・・・「血糖値スパイク」が招くリスク

この「血糖値スパイク」、知らずに放置すると、体内の重要な血管が傷つけられ、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死のリスクが高まることが、最新研究で突き止められた。それだけではない。がんを引き起こしたり、脳にまでダメージを与えて認知症をも招いたりもするというのだ。まさに“万病の種”!

あなたは大丈夫!?スリムな女性たちにまで広がる「血糖値スパイク」

>あなたは大丈夫!?スリムな女性たちにまで広がる「血糖値スパイク」

「血糖値が高いなんて、肥満が気になる中高年の話でしょ?」と思ったら、大間違い。「血糖値スパイク」は、スリムな若い女性たちでも起きていることがわかってきている。でも、大丈夫!今回番組では、ちょっとした食事や生活の工夫で「血糖値スパイク」の発生を抑えられる秘策を大公開。いち早く自分の体に潜む危険を知って、“万病の種”を撃退しよう!

 

NHK ONLINEより引用 http://www.nhk.or.jp/special/kettouchi/

 

知人曰く、早い話が断食とかして飢餓状態を作って一時的に体重減らしたとしてもその後の食生活で一気に血糖値が上昇する可能性があるから止めなさい。それが原因で様々な病気になるよって事でした。

断食中の空腹と戦っていたので

なんとなく待ってた言葉(意見)でもあり、内心ニヤリとしました。

そんなヘタレで素直な僕は知人の意見をすんなり聞いて

『はい断食終了~』(浜ちゃん風に)

結果は33時間でした。

 

ビール350mlとワインボトル半分とローストビーフを頂いて帰りました。

それで今うちに帰ってきてブログを更新しています。

そんな自分にあまちゃんな僕ですが温かい目で見守ってやって下さい。

ではまた。